気ままに食と生活とあれこれ  by 柚たか

ブログなるものと無縁に生きてきた私が、この度ブログを立ち上げることになった。 野菜とハーブと気まま生活を中心に、思うまま、不定期に、ぼちぼちと、マイペースで書いていくので、気が向いたらお立ち寄りくださいませ。

ローカル産の初物アスパラガス、見つけた


f:id:SimeHaru:20180607084629j:plain


ブログ記事、2/3ほど書き終えたところで、消えた。(私の手違いで一昨日のこと)

翌日、気を取り直し、二度目の取り組みを、とマックブックに向かったら、サファリが動かずブログサイトへのアクセス不可。再度出鼻をくじかれる。(インターネットの不具合かな?昨日のこと)

 

これは「この話題、今は待て」というサインと認識した私。

 

別の話題を。

もともと何を書こうとしていたかは、その記事が書き上がる日まで(いつか書き上がるのだろうか)、内緒です。

 

今週は再び春の気温に戻ったものの、1週間以上続いた夏の陽気でファーマーズマーケットに並ぶ野菜の種類も増えてきたよ!

 

ビクテリアデーの週末をその年のオープン日とする屋外ファーマーズマーケットも多い。

 

話題は逸れるが、

ビクトリアデー?

前回も前々回もこの言葉を発したような。

 

ビクトリアデーは「カナダ人が冬眠から完全に目覚める日と言える」、かもしれない。

冬の屋内に偏りがちな生活から活動を再開する節目のような祝日で、この週末を境に、みんなの屋外での活動がぐっと多くなる。

 

玄関先でご近所さんとも顔を合わせる時間が増える。冬の間はホント、会うのも話すのも減ってしまうのが、ビクトリアデー週末の前後から道端での立ち話も増え、街も活気付くのだ。

 

ビクトリアデーってそもそも何?

カナダは英連邦王国でイギリス連邦の加盟国。ビクトリアデーはビクトリア女王の生誕を祝っての祝日である。花火も上がってのお祝いだ。

 

その週末から始まるのが、私のお気に入りのファーマーズマーケット。

市内に多くのファーマーズマーケットがあれど、家から近い公園で開催されるこのマーケットは格別にリラックスモードになれる。

 

日曜日の朝、ハズバンドとボストン犬で繰り出す。

このマーケット、ローカルに拘っているので出店はすべて州内の野菜、果物、お肉の農家さんやベーカリー、手作りフードやワインなどの生産者。コーヒーやチョコレート、の専門店もあるし、リフレクソロジーやマッサージの出店もある。

f:id:SimeHaru:20180607083338j:plain

ライラックの切り花に「どんな香り?」顔を近づける男の子

f:id:SimeHaru:20180607083635j:plain

野菜やハーブの苗も並ぶ


マーケットが広がる芝生の上では毎週違うジャンルのミュージシャンが演奏を行う。その前に座って家族で音楽を楽しむ。屋外なので勿論ワンコもOK。

小さい子供から大人、そしてワンコ達までエンジョイできるマーケット。

f:id:SimeHaru:20180607085423j:plain

メインのバンドの前の演奏も家族で楽しむ。サングラスの女の子、可愛いですね。

 

先週末のマーケットの目玉はアスパラガス。

今年は4月が記録的に気温が低く、アイスストームもあったりで、2週間ほど収穫が遅れたらしい。

f:id:SimeHaru:20180607082951j:plain

アスパラ一束5ドルなり。

 

一つのお店だけに並んでいたアスパラガスだった。

来週には各お店で顔を見せてくれそうかな。と希望的観測をするものの、アスパラは気温が上がらないと上手く育たないみたいだから、今週の涼しさでもしかして一歩後退したりして。。。