気ままに食と生活とあれこれ  by 柚たか

ブログなるものと無縁に生きてきた私が、この度ブログを立ち上げることになった。 野菜とハーブと気まま生活を中心に、思うまま、不定期に、ぼちぼちと、マイペースで書いていくので、気が向いたらお立ち寄りくださいませ。

朝顔の色はPHの気分次第?

f:id:SimeHaru:20190903014116j:plain


私の庭は、

(私達の?の声がハズバンドから聞こえてきそうですが)

(ボストン犬からは庭はまれマレのじゃなかったの?と)

日当たり良好の側と半日陰側がある。

 

日当たり良好側でも朝日が昇ってから数時間は日陰部分があるし、早くから日射があり午後から陰ってくる部分あり、と、太陽が照っている間ずっと日向となるエリアはない。

なのでちょっと向日葵などの生育が遅いように思えるので、ひかえてみることに。

 

そこで今年は朝顔に力を入れてみた。

昨年4種の色で美しい姿を長期にわたって見せてくれた朝顔の種(昨年秋に収穫し、乾燥させて保存していたもの)を、5月に庭の各所に撒いた。

 

バックヤードでは朝一番で太陽が当たり午後1時頃にになると陰るエリア。昨年同様、長時間陽が当たる場所。そして午前中が日照の玄関先の庭にも。

 

今年は春が遅く長く、気温も低く、夏の本格的な暑さも例年より二週間ほど遅れた。そのせいで朝顔の生育も緩慢で、昨年は7月中旬ごろから咲き始めていたのが、今年は8月に入りしばらくしてぼちぼちと開花。そして9月に入った現在が真っ盛り状態だ。

 

最初に咲き始めたのは、日当たりが一番いいエリア。そして朝一番に陽が当たるエリアにも咲き始め、玄関先にも少しずつ。

 

f:id:SimeHaru:20190903014519j:plain
f:id:SimeHaru:20190903014430j:plain
咲き始めの頃。左が日照時間が長いエリア。右が朝の日当たりが良いエリア


けれども、私には解せないことが。

 

四種類の朝顔から採取したと思った種をそれなりに均等に蒔いたつもりだったのに、咲くのは紫に近い濃い青ばかり。昨年は濃い青は出てきたけど、最初の頃に誤って蔓を切ってしまったので、濃い青はあまり咲かなかったのだ。主流は薄い青とピンク系。そこから採取した種達なのに、出てくるのは濃い青。。。。

f:id:SimeHaru:20190903015024j:plain
f:id:SimeHaru:20190903014733j:plain
昨年の朝顔達。青好きの私ですが、薄ピングがなんとも可憐で可愛かったんですねー。

 

なんで、なんで?

で、調べてみました。

恥ずかしながら、遺伝子の他にPHが関連しているとは、知りませんでした。

紫陽花のピンクと青は土のPHによることは知っていましたが、朝顔もPHがキーだったんですね。

 

ただ、 紫陽花が土が酸性だと青、中性からアルカリ性がピンクになるのに対して、朝顔は酸性が赤、中性が紫、アルカリ性が青。とのこと。これは、紫陽花がアルミニウムの吸収に反応する。紫陽花はアントシアニンの着色による。という違いがあることも学んだ。「なるなる」である。

朝顔の蕾が赤っぽかったからピンクの朝顔かと思っていたら濃い青だったり、濃い青の花が夕方仕事から帰るとしぼんで赤になっているのも今年のもう一つの「あれ!?」だった。これも酸性かアルカリ性かでアントシアニンの量が変わり花弁に影響するそうである。「ふむふむ」である。

f:id:SimeHaru:20190903014335j:plain

濃い青の蕾としぼんだあと

 

朝顔の色は遺伝子とPHか。納得!

けれども紫陽花とは違い土のPHはさほど影響を及ぼさないとか。。。

それでも試してみました。朝一番の日が当たるエリアにコーヒーとお茶をかけて土を賛成化させてみようと。

 

そうすると一週間ほどで偶然かもしれませんが、ピンクや薄青が主流になってきました。でも他のエリアも濃い青が主流ながらピンクと薄青もちらほら。雨なども関係あるのでしょうかね。

 

ともあれ、色とりどりで賑わっている朝顔群です。

f:id:SimeHaru:20190903022145j:plain
f:id:SimeHaru:20190903022327j:plain
f:id:SimeHaru:20190903022258j:plain

 

でも、3種なんですね。。。薄いピンクはいまだに顔を見せてくれてません。そのうち出てきてくれるんでしょうか。

 

ここはもう朝晩は肌寒いくらいで、気持ちのいい毎日。朝顔達もいつまでもつことか。。。

 

まだまだ勉強不足ですが、ちょっと学んだ夏でした。

 

篆刻ワークショップの醍醐味は。。。



f:id:SimeHaru:20190901051819j:plain

 

特別に強い想いを持つ趣味は、残念ながらこれと言ってない。

けど時々楽しんですることはある。

その一つが書道で、時々クラスに参加させてもらっている。

 

何故ときどきなのか。と言えば、時間がなかなか合わずクラスに参加できない。年に一度のカナダ書道展の時だけ、出展用にちょっと集中的に練習。なんとも、なまけもの、というか、不良生徒なのである。

どうしてこのようなことが可能かというと、書家の先生がおおらかで、褒め上手で、生徒さんのいいところを引き出してくれる。楽しませてくれる。それぞれのレベルやタイプに沿って教えてくださるのだ。

この先生が、とにかく素敵なのである。だから生徒さんはなかなか辞めない。その結果新しい生徒さんはなかなかクラスに入れるチャンスがない。それはそれは長いウェイティングリストがあるのだ。

毎夏市内から車で1時間半ほどの町の閑静な住宅街にあるご自宅で、先生の篆刻ワークショップを開かれる。夏を通して15回ほど行われる。

今年は久しぶりに篆刻ワークショップに参加

ワークショップでは先生が用意してくださる石の中から自分の好きな大きさや硬さのものを選び、それに文字を彫る。字体は、予め先生に自分が希望する文字をいくつかお知らせしておくと、ワークショップ日までにいくつかデザイン用意しておいてくださる。

一般的に自分の名前の漢字やひらがなを彫ることが多いが、ここはカナダ。名前のカタカナを素敵にデザインしたものもあれば、動物などの絵もあり。その出来上がった作品の中にはとても素敵なものがある。(私のは全然ダメですけど。。。それでも先生は褒めてくれます^^;)

 

今回は私の好きな季節の「春」。ドライバーを兼ねて一緒に参加したハズバンドには私用に「柚」の字に挑戦してもらった。

 

その過程はこんな感じ。

 

f:id:SimeHaru:20190902083531j:plain
f:id:SimeHaru:20190902084232j:plain
f:id:SimeHaru:20190902084333j:plain
まずデザインがうまく書けるよう練習。最終的にこれでいくと決まると反転イメージにする。朱に塗った石の表面に黒墨で反転デザインを書き込む(ちなみにこの工程の写真撮り忘れ)三番目の写真は少し彫り始めたところ。
f:id:SimeHaru:20190902084449j:plain
f:id:SimeHaru:20190902084507j:plain
f:id:SimeHaru:20190902084419j:plain
同じくハズバンド編。筆に慣れていないハズバンドは丸が上手に書けるよう何度も練習。

 

f:id:SimeHaru:20190902084545j:plain
f:id:SimeHaru:20190902085444j:plain
f:id:SimeHaru:20190902085459j:plain
最初の試し押し(誤ってガキって意図しないところをかなり彫っちゃってるのがよく見えてます。。)。押すごとに先生のご指導をいただき、彫っては押す、押しては彫るの修正を重ね、掘り続け、一番左下が最終版。



ハズバンドの作業は、はっきり言って「速い」。

8名の参加者の中で一番最初に仕上げてしまいました。(速ければいいってもんでもありませんがねー(笑))

いつもは遅い私も今年は二番目に仕上がり!!

 

このワークショップの醍醐味は、自然に囲まれた素敵なお宅でリラックスモードで作業、そして美味しいランチが出ることである。

昔は先生の手料理だったランチ、参加者はランチ目当てでもあると話題だった。近年はシェフが旦那さまに取って代わられ、先生は篆刻指導に集中。かなり久しぶりの参加だった私にとっては今回初めてだった旦那さまのお料理。洗練されていて、とても美味でした!

 

f:id:SimeHaru:20190902085544j:plain
f:id:SimeHaru:20190902085605j:plain
f:id:SimeHaru:20190902085703j:plain
器も素敵です!

 

篆刻の話なのかランチの話なのかわからなくなりましたが、もう一点。

 

旦那さまがインテリアデザイナー(すでにリタイアされてますが)の先生のお宅は、内装やお庭のデッキなど、本当に素晴らしい。木々に囲まれ、モダンの中に落ち着きのある住みたいと思わせるお家。いるだけで癒される感ありありです。

 

今回は篆刻に集中していたのか、木々に囲まれたお宅の写真はほとんどなく、一枚目のがワークショップのお部屋に面したお庭の写真。

 

集中が作品に反映できていないのが、ちょっと虚しいような。。。

 

 

ハウスゲストから学ぶこと

f:id:SimeHaru:20190822100643j:image日本からの客人が2週間ほど我が家に滞在した。

 

働きながらの中期(?)滞在のお客様というのは意外と。。。であることを実感。これまで、親類や友人が数日から数か月など滞在期間も様々でお泊りいただいている我が家であるが、全く会ったこともない人に泊まっていただくのは初めての経験であった。

 

結構、大変なもんですね。自分たちのペースを完全に保つことは難しい。

 

そんなこんなで、家の中のプラントたちに気を配ることができず。

弱ってしまったのが一鉢、半分枯れてしまったのが一鉢。

 

2週間の滞在を通して学んだことは、

 

知らない人が日常生活に加わるのは、人間観察や自身の成長に役立つ。

ご到着前には掃除や片付けも念入りになるので、家の中も整頓される。

が、

植物の生育には妨げとなる。

 

であった。

 

ちなみに、疲れはまだ取れきってません。

楽しいバケーションと、日頃の行いの関係

f:id:SimeHaru:20190808093348j:plain


 

コテージ最終日。

 

明朝はトロントに向け出発する。

 

なんと天気に恵まれた1週間! 本日も晴天なり。

 

比較的天気に恵まれる事の多い私たちだが、今年は「天気が良い」に留まらず、

カラッと爽やか、湿度が低い。

朝晩は気温が下がり、寝やすい。好天だけならこれまでも素晴らしい滞在はいくらもあったが、これほど爽やか好天続きにはそうそう恵まれるものではない。滞在中は雨は一度。晩から朝方まで、雷ありの雨だったが、朝には上がり、こんなパーフェクトって。

 

これは日頃の行い⁈ だろうか。と密かに自分の頭を撫でてあげたい気分になる。

 

私の日頃の行いは、ハズバンドの釣りにも反映し、昨日今日と、「大漁!」というのは大げさだが、次々と釣り上げている。そのうちの小さいバス一尾は昨晩の食卓に、鳥の唐揚げとともに並んだ。上手にさばいたのはハズバンド。それをフライにしてみた。バスだったが身がしまっていて、なかなかの美味であった!

 

f:id:SimeHaru:20190808091251j:plain
f:id:SimeHaru:20190808091352j:plain

 

滞在中のお食事もドリンクも充実し、リラックス度も楽しさ感も満喫できた夏休みでした。

f:id:SimeHaru:20190808091722j:plain
f:id:SimeHaru:20190808091917j:plain
f:id:SimeHaru:20190808092002j:plain
f:id:SimeHaru:20190808091704j:plain

 

 

(コテージからのお便りは、滞在中に書き留めたものを家に戻ってからアップしています。)

目にも心にもやさしいみどりのち・か・ら

f:id:SimeHaru:20190806094929j:plain


緑は特に好きな色ではないので、洋服やインテリア小物を選ぶ際にも素通りすることが多いし、家や家具のペンキにもあまりピックされることがない。 

けれども「植物の緑」は別物である。

自然の緑色はずっと見ていても驚くほどに飽きることがない。

森の中。メープル、白樺、ポプラ、オークなどの落葉樹の葉。松、杉などの常緑針葉樹の緑。黄緑、薄緑から深緑までその濃淡のトーンが醸し出す色が、えも言われぬやすらぎを与えてくれる。それは大自然の中ばかりでなく、家の裏庭の木々や花壇でも、室内の観葉植物や多肉植物、花瓶に挿した花の葉っぱからも味わえてしまう。

 

自然の緑が何故このように心に優しいのか、科学的な見解を調べてみたいものである。

 

空を見ながら自然の緑色の美しさをつくづく想う晴天のコテージでの午後であった。

f:id:SimeHaru:20190727084436j:plain 

(コテージからのお便りは、滞在中に書き溜めたものを、家に戻ってからアップしています。)

 

追伸:パープル好きの友達がみどり色にはまっているようで、本日もIKEAショッピングを二人で楽しむ中、緑のものに目を取られている友人でした。緑つながりで、全く無関係とは言えない?

ちなみに私の好きな色は、青。

蚊の対策に万全は、ない

f:id:SimeHaru:20190727084720j:plain


夏、蚊に悩まされ、その対策にあらゆる工夫を凝らすのは万国共通だろう。蒸し暑さがその頂点に達する日本の夏の蚊も凄いが、ここカナダのオンタリオ州でも蚊には悩まされる。特に森林地帯では一層の猛威をふるうのは例外に漏れない。

 

以前のマイ蚊対策はハーブのスプレー。虫さされ後はホミオパシーのクリーム等で頑張っていた。しかしカナダの蚊に免疫のなかった私は、蚊に刺された後の反応がものすごく、腫れ上がりや痒みの度合いが尋常でなく、その痒みで眠れず、寝不足。。。十何年と悩まされ続けた。

 

そしてついに市販の虫さされクリームに手を染める。。。お馴染みの『ム』で始まる日本の虫さされ薬。使い始めたのが7−8年前だろうか。使い始めると、痒みの期間が抑えられるし、腫れ上がることもなくなった。さすが!とその威力に感心すること数年。

 

これってもしかして「免疫?」

 

今年のコテージの荷物にこの夏には手放せない虫さされクリームは入ってなかった。ストレートに言うなら、持ってくるのを忘れた。それほどまでに警戒が緩んでいたのである。ちょっとうろたえたが、何とか他の痒み緩和薬でしのいでいる。

 

すると、蚊に刺されても腫れ上がりが起こらない。痒みの期間も短い。

免疫が出来上がったのだと確認できたコテージ滞在である。

 

蚊を寄せ付けないための対策は?

ちなみに蚊よけ対策としてはハーブの蚊取り線香やらシトラネラ、そして数年前にもらったもっと強い『金』や『ア』で始まる強めの蚊取り線香までも使っているが、野外にいる限り完全にシャットアウトは、無理。。。

室内では何もできないから、紛れ込んだ蚊は気付いた時に叩き落とす。これしかないようである。

 

f:id:SimeHaru:20190727084851j:plain

ボストン犬もあちこち刺されました。。。

 

湖上散歩を楽しむには

f:id:SimeHaru:20190727085211j:plain


今年の夏からコテージにパドルボートが仲間入りした。

友人のコテージからのお下がり。お古だけれど黄色の可愛いボートだ。

日本語では「足こぎボート」とでも言うのだろうか。よく公園の大きな池や湖などで見かけるスワンのボートの種類だ。

 

届いてから数日のボートにさっそく試運転。私が一番乗り

「これ、いいわ!」と言うのが最初の感想。

 

静かに進むカヌーが大好きなのだけれど、パドルボートには安定性や安心感がある。遠くまで行っても、途中で帰ってこれなくなる不安感もないし、ひっくり返る心配もない。舵も取りやすい。オールで漕ぐタイプのボートに比べても揺れが少なく、何より楽チンなのだ。

 

大きなカヌーだと一人ではやはり操作が難しかったりするので、今年はカイヤックに挑戦してみようかと思っていたが、安心感のあるパドルボートにはしばらくはまってしまいそうである。

 

安心は楽しさを倍増させてくれる!?ようである。。。

 

(コテージからのお便りは、滞在中に書き留めたのを、家に戻ってからアップしてます。)